三浦春馬さんの四十九日を迎えて

みなさま、こんばんは。
お喜楽夫婦です。

PVアクセスランキング にほんブログ村

本日は、繊細なお話なので書こうか迷ったのですが、私なりの三浦さんへの想いを書きたいと思います。

あれは、お喜楽夫婦家に友人を招いて談笑している時でございました。
携帯をいじっていた旦那が、「三浦春馬が亡くなったってネットニュースにでているけど。」とつぶやいたのです。
三浦春馬さんの大ファンである嫁。
一瞬頭が真っ白になったのを覚えております。

『コンフィデンスマンJP ロマンス編』のジェシー役が素敵で、その日までに3回も見た嫁は、フェイクニュースであってほしいと願っておりました。
しかし、残念ながら願いは届かず。
帰らぬ人となってしまいました。
(嫁は寂しくてその後2回は『コンフィデンスマンJP ロマンス編』を見ました。)

年齢を重ねるごとに魅力を増し、演技力だけでなく、歌唱力、ダンスなど、才能にあふれる三浦さん。
そして何よりテレビの前で屈託のない笑顔で話されているとき、三浦さんのお人柄がとても伝わってきて、『日本の宝』が亡くなってしまったと、心にぽっかりと穴が開いてしまいました。

お会いしたことのない嫁がこれだけつらいのだから、身近な方の悲しみは計り知れないものだろうなと。
インスタグラムやTwitterなどのネットでもいまだに三浦さんを惜しむ声が多数見受けられます。
それだけ愛されている存在なのは、生前三浦さんが努力された結果なのだと思います。

三浦さんがこの世に存在しないのが、いまだに信じられませんが、三浦さんが残してくださった数々の作品は今後も私たちを飽きずに楽しませてくれることでしょう。
9月15日22時から『おカネの切れ目が恋のはじまり』が放送されます。
三浦さんの遺作をしっかりとこの目に焼き付けたいと思います。

生前はお忙しくてなかなか休む時間がなかったと思います。
ぜひ今はゆっくり休んでください。
本当に素晴らしい作品をありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。