ほっこりした話

みなさま、こんばんは。
お喜楽夫婦です。

本日は、最近起こった心が温かくなるお話です。
一期一会に感謝。

コンビニで会った若い男性

最近暑い日が続き、朝のお散歩を断念。
その代わり、涼しくなった夕方お散歩することが増えました。
その日は、メルカリを出しに郵便局へ。
お小遣い稼ぎだと喜んでおりました。

その帰り道、用事があったのでコンビニへ。
するとそこには金髪の若い男性が2人、入るところでした。
人は見た目で判断してはいけないとわかってはいるのですが、少し警戒をしておりました。
すると、そのうちのお一人がベビーカーの私を見て、ドアを開けたまま待っていてくれたのです。
お礼を伝え店内に入ると、彼はベビーカーが通りやすいようにしてくれました。

なんて素敵な方だ。

と思っていましたら、その方レジの順番まで代わってくださりました。
そして、レジで支払っている最中、娘がやたら大人しいなと思ったら、娘に向かって手を振ったり、笑ったりしてくださっていたみたいで、私が気づいてお礼を伝えると、

「かわいいですね。」

と、娘を褒めてくださいました。
感無量でございます。
多分、大学生でしょうか。
帰り際も娘に向かって笑顔でバイバイをしてくれました。

「こういう方と結婚すると、女性は絶対幸せになる。」

と友人に興奮しながら連絡。
ベビーカーは場所をとるので、あまり好まれませんが、こういう方が増えると世の中のママは救われると思います。
そのことを旦那にも伝え、素敵な1日だったなとほっこりいたしました。

素敵なご夫婦

県外の知り合いから、出産祝いをいただいたので、内祝いを買いに行った時の話でございます。
日本酒がお好きということで、地元の日本酒を探しに酒屋さんへ。
そこは、ご夫婦で営まれているお店でございました。
またまたベビーカーで向かった嫁に、ご夫婦はベビーカーが通りやすいよう、荷物をどけてくださいました。

日本酒に疎い嫁。
お二人におすすめの日本酒を聞くと、丁寧に答えてくださり、選びやすかったです。

「昨日入ってきたお酒です。」

私が飲みたい…という欲を抑えて、新しい入りたてのお酒をチョイス。
県外なので郵送を依頼し、宛先を記入している間、奥様は娘をあやしてくださいました。
旦那様は、私の送り先をご覧になり、

「こちらのご出身ですか?」

と聞かれたことから、旦那様が送り先の県ご出身で、婿養子にこられた話になりました。
鳥肌でございます。

しかも、そのお店の名前はお喜楽夫婦と同じ名字で、娘さんの名前が嫁と1文字違いである事に運命を感じました。
こんな素敵な出会いがあるのかと。

その帰りは、とても気分よくお散歩ができました。
断乳して初めてのお酒は、ご夫婦のお店で購入しようと思います。
素敵なご夫婦に出会えて良かったです。


最近暗いニュース続きですが、日常で温かい出来事があると、気持ちも上がりますね。
早くコロナが終息しますように。

ぜひポチッと押していただけると嬉しいです。
☟☟

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。