ストーブのありがたみを改めて感じた日

みなさま、こんばんは。
お喜楽夫婦です。

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング

みなさま、聞いてください。
本日も旦那に寝かしつけをお願いして、オンラインの実技講座があったのですが、開始とともにストーブの灯油がきれました。

オワタ

灯油を入れる時間もなく、実技が開始。
最初はよかったのです。
まだストーブの残暖があったので。

しかし、途中から足が冷えて集中が出来ず。
せっかく風邪が治ったというのに!
最後のシャバーサナは地獄でございました。
どんどん体が震えてくるのがわかりました。

体が震える理由はご存じでしょうか?
人間は体が冷えてくると熱を発するために体を震わせて体温を上げようとしているらしいです。
シャバーサナは本来、『無』にならないといけないポーズであり。究極のリラクゼーションなのです。
それを、早く終わってくれと願うほど、寒かったです。

本日担当の先生が最後に、「今日はシャバーサナが短めになってすみません。」とおっしゃいました。
私は心の中で「本当に感謝します。」と呟きました。
あれ以上長かったならば、私は風邪をぶり返していたに違いない。

そして私は今ストーブのすぐ横でブログを書いています。
オンライン講座が終わり、すぐに灯油を入れ、そのままストーブの前で過ごしています。
30分が過ぎてようやく体が温まってきました。

改めてストーブを開発された方に感謝します。
文明の利器、最高。

そして、このストーブは旦那が灯油を買って準備してくれていた物。
おかげでいつも暖かい部屋で過ごしています。
勿体ないからと夜の勉強の時にストーブを消していたのですが、風邪をひいてからは遠慮なくつけさせてもらおうと思います。

今日もいろんなことに感謝。
明日もいい日になりますように。
おやすみなさい。

ランキングに参加しています。
ぜひポチッと押していただけると嬉しいです。
☟☟

にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
にほんブログ村


お気楽日記ランキング

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。