夜間断乳1日目

みなさま、こんにちは。
お喜楽夫婦です。

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング

あた恋最終回見ました♡
まこっちゃん推しの嫁には切ない終わり方。
最後の最後までとても素敵な方でした。
樹木ちゃん、やっぱりシャチョーを選んだのですね。
何はともあれ、とても『甘い』ドラマでした。

ごちそうさまでした。

さて、昨日ご案内したとおり、夜間断乳を始めた嫁。

旦那と話し合い、嫁と娘だけ別部屋で寝ることに。
昨夜は、20時にお風呂に入り、20時30分過ぎに寝室へ。
いつも通り、2冊の絵本を読んだところで電気をオフ。



授乳を終え、無事寝たと思い布団の上で寝かすと…。
まさかの覚醒。
起き上がり、遊びだす始末。
真っ暗なのに見えるのがすごい。

寝たふりをすると必ず起こしに来る。
1時間ほど遊び、疲れたのかようやく就寝。
この時すでに22時前。

娘が寝たのを確認し、トイレに行くと別室で寝ているはずの旦那が何やらこそこそ見ている。
朝確認すると、1時30分頃まで「ウォーキング・デッド」を見ていたそうです。

裏山。

それは置いておいて、本題へ。
トイレから戻り、娘とスヤスヤ寝ていた深夜。
娘が起きだした。
先日読んだ記事によると、「90秒は何もせずそのまま寝たふりをする」と書いてあったので、身動きせず見守っていると、ぐずりだった娘がギャン泣きに。
そうですよね。
いつもは起きるとすぐに私が添い乳をしていたのに、今日は放置されて娘もビックリしたことでしょう。
一応昨日、何回か夜間断乳することは伝えていたのですが…。

約90秒後にこっそり布団の中で時計を見ると1時30分。
そろそろトントンやなでなでを。
…と思いきや、触れるたびにヒートアップする。
爆音のギャン泣き。

ここで、緊急事態発生。
隣の家の電気がついた!

焦った嫁は、娘を抱っこ。
抱っこしてもギャン泣きは止まらず。
しかし、このまま抱っこして寝かしつけては、また違う癖がついてしまう。
隣の家の人に心の中で謝罪し、娘を布団の上へ。

想像通り、布団の上で泣きながらあちこち転がり続ける娘。
寒いので、私の布団の中に入れ、抱きしめているとしばらくして眠気に襲われてきた感じが。
寝かしつけの『ねんねトレーニング』をしていた頃に味わった、『寝たかなと思うと体がビクッとなり起きてギャン泣き』を今回も繰り返しておりました。
約1時間後ようやく就寝。
この時2時過ぎ。

嫁はそれから1時間くらい寝れず、5歳ほど老け込みました。

そして、娘はあれから一度も起きずに今朝は6時30分に起床。
泣きながらの起床で、いつもより不機嫌なお目覚めでした。

やはり子供のギャン泣きはつらいですね。
これを繰り返すと2,3日後には一人で寝れるようになるそうですが。
私のメンタルがもつか…。
子どもの適応能力には頭が下がります。

今夜が山だ。
今日乗り越えたら明日には順応しているはずです。
…はず。

とりあえず、新米ママ鋼のメンタルを持って戦い抜きたいと思います。
乞うご期待。

ランキングに参加しています。
ぜひポチッと押していただけると嬉しいです。
☟☟

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村


新米ママランキング

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。