• HOME
  • BLOG
  • 日常
  • 大人になってから気づく『千と千尋の神隠し』の良さ

大人になってから気づく『千と千尋の神隠し』の良さ

みなさま、こんばんは。
お喜楽夫婦です。

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング

今、『鬼滅の刃』ブームで、「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」が10月16日に放映されてから52日間で興収288億4887万5300円、動員2152万5216人を記録したそうですね。
嫁の友達も『鬼滅の刃』が好きで、何度か映画館で観たそうですが、同じ場面で号泣するとか…。
そこで危うくなってきたのが、2001年に歴代最高興収308億円を記録した『千と千尋の神隠し』。
『鬼滅の刃』が、『千と千尋の神隠し』の記録まであと20億円に迫っているみたいです。
年内には超えるのでは?と言われているほどの勢い。

私は、子どもの頃『千と千尋の神隠し』の良さをそれほどわかっていなかったと思います。
もちろん映画館にも見に行きましたし、面白い!と思っていたのは確かです。
しかし、「『千と千尋の神隠し』は名作だ」と思ったのが、出産後になります。
何が名作かと言うと、様々なメッセージがこの映画には含まれている気がするからです。

典型的なシーンと言えば、『腐れ神』が『千と千尋の神隠し』の舞台である『湯屋』へ、入浴に来た場面です。
すごい臭いを放つ『腐れ神』を千尋が対応するのですが、千尋が足を滑らせてお風呂の中に入った時、腐れ神にトゲが刺さっているのを発見。
このお客さまが『腐れ神』ではないことに気づいた湯婆婆が、千尋にそのトゲをロープで結ぶように指示し、従業員全員でロープを引っ張ると、そのトゲは自転車のハンドル部分でした。
その自転車が引っ張り出され、次から次へと大量の投棄ゴミが引っ張りだされ、
この『腐れ神』が実は、『河の神』様だったことが判明。
『河の神』様が、川に人間がゴミを投棄することにより、ヘドロが溜まり『腐れ神』のようにドロドロになってしまった。

このように、環境問題や社会問題など、私たちに伝えたいメッセージがたくさん詰まっています。
宮崎駿監督の『もののけ姫』も環境問題などをテーマにしてますが、『もののけ姫』は少し子どもにとって難しいかもしれないですね。
『千と千尋の神隠し』は、子ども向けに作られた映画ということで、わかりやすいのと、キャラクターがかわいいのと、描写が明るい気がします。

そして、『千と千尋の神隠し』のすごいところは、千尋の成長が目に見えることです。
映画の前半では、親に頼るまだ幼い小学生というイメージでしたが、後半には瀕死のハクのために銭婆に会いに行くという力強い女の子に成長!

また、興味深いのが『カオナシ』の存在。
『カオナシ』も重要人物ですが、この『カオナシ』は欲の塊の象徴ではないかと言われています。
宮崎駿監督は、「みんなの中にカオナシがいる」とおっしゃっており“カオナシ=人間”だという見方もされています。
自分の居場所を求め、誰かに必要とされたいといった気持ちから、誰でも持ち合わせている気持ちを『カオナシ』が表現しているのかもしれませんね。

ガンバレルーヤのまひるさんが、昔ご家族で『千と千尋の神隠し』をよく見ていたそうで、セリフを完璧に話せるのが有名ですね。
まひるさんもよしこさんもかわいらしくてガンバレルーヤは好きです。
以前の『世界の果までイッテQ』で、ガンバレルーヤのお2人がダイエットに挑戦し、筋トレする際『千と千尋の神隠し』になりきってセリフの掛け合いをするシーン、面白かったです。

最後に、『鬼滅の刃』が『千と千尋の神隠し』を超えた時、ちょっと寂しい気がしますが、このコロナで暗いニュース続きの中、映画館に人が出入りすることで経済が少しでも戻ってきたらいいですね。

以上、ジブリが大好き過ぎて週一で何かしら観ている嫁でした。

ランキングに参加しています。
ぜひポチッと押していただけると嬉しいです。
☟☟

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


ほのぼの日記ランキング

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。