娘の初節句に向けて雛人形を飾りました

みなさま、こんばんは。
お喜楽夫婦です。

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング

3月3日はひな祭り。
娘の初節句です。
ひな祭りは女の子の健やかな成長と健康を願う日。
そして、ひな祭りと言えば「雛人形」を飾る風習がありますよね。

娘の「雛人形」は、旦那のご実家にある「雛人形」を飾ることに。
今日は嫁が就活で不在だったため、旦那と旦那のご両親で飾ってくれました。

なんと立派な「雛人形」。
心なしか娘に似ているお人形さんも(笑)。

娘の初節句は旦那のご実家でお祝いの予定。
楽しみです。
その日のために袴を購入♡

80cmを購入したため、少しブカブカでした。
来年も着れるからいっか。

嫁が幼い頃も、実家でひな祭りの時期になると飾られていた記憶があります。
しかし、小さい頃はひな祭りや雛人形に何の意味があるのかわからず。
今回、詳しく調べてみることにしました。

ひな祭りの由来

ひな祭りは、元々中国渡来の「上巳(じょうし)」の節句だったそうです。
中国では3月3日に、水辺にて身を清め、穢れを払う習慣があり、これが日本に渡り、3月3日には穢れ払いの儀式が行われるように。

雛人形のはじまり

最も古いお雛様の原型は奈良時代には生まれていたそうです。
(現在の雛人形と比べると、意味も姿も全く違うそうですが。)
現在も日本各地で行われている「お祓い」のひとつとして、紙の人形に自分の名前や年齢を書き、身体でなでたり息をふきかけたりし神社でお炊き上げをする文化があり、 これは奈良時代に穢れ払いの儀式として登場した「人形」がルーツとなっています。
昔は、成人する前に命を落としてしまう子どもたちが多く、親が「我が子が無事に成人するまで健康に成長しますように。」と祈りを込めて、厄払いをしていたそうです。
それがお人形に厄払いや御守りの意味をこめて、お雛様になったとのこと。

さらに、「雛人形」は平安時代に貴族の女の子たちの間で流行った「雛遊び(ひいなあそび)」からきているそうです。
紙で作った人形を、同じく紙でつくった御殿のなかで遊ばせるおままごとだったそうですが。
江戸時代には公家の女性が、武家にお嫁に行く際の嫁入り道具として「雛人形」が武家社会に持ち込まれていたみたいですね。

雛人形をしまうのが遅れると婚期が遅れる?

「雛人形をしまうのが遅れると、婚期が遅れる。」とよく耳にします。
こちらは、調べてみるとただの迷信でした。
こちらの迷信は、「片付けがちゃんとできないようでは、きちんとした女性になれず、お嫁さんにもなれませんよ!」と、しつけの意味を込めての言い伝えなのだそう。

余談ですが、二十四節気のひとつ、雨水(うすい)に飾るとよいと言われるところもあるそうです。
雨水(うすい)の日におひな様を飾る事は、良縁につながるという逸話もあるとのこと。
毎年2月18日、19日にあたるそうですよ。

色々調べてみましたが、深い行事だったのですね。
今まで、大切さがわかりませんでしたが、昔は成人する前に亡くなる赤ちゃんが多く、赤ちゃんが健康に育ちますようにと親が祈った気持ちはとてもわかります。
私も娘が産まれなければわからない気持ちでした。
娘がこれからも元気にすくすく育つようにしっかり祈りたいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。