家庭菜園 途中経過編

みなさま、こんばんは。
お喜楽夫婦です。

本日は自己紹介でもご紹介したとおり、お喜楽夫婦が始めた家庭菜園の途中経過をご報告いたします。

お喜楽夫婦が最初に始めたのが、ペットボトルを利用した家庭菜園でございます。
まず、『チンゲンサイ』、『ほうれん草』、そして『小松菜』の種を植えました。
『チンゲンサイ』は写真のとおり、すくすく成長。

チンゲンサイ

『小松菜』も少しずつ成長していますが、『ほうれん草』が残念ながら芽が出ず…。
再出発でございます。

次にプランターを購入。
『ネギ』、『トマト』、『春菊』、『赤丸はつか』、『カブ』、『チンゲンサイ』の種を植えました。

写真でもお分かりのとおり、間引きが苦手な嫁。
どの芽を抜いていいのかわからず。
おかげで密でございます。

『赤丸はつか』と『カブ』

最近は『トマト』が順調に育っております。
梅雨が明け、陽の光を浴びているため、ようやくお花が咲きました。
『トマト』の実がなるのも、近いのではないかと水やりにも力が入ります。
水道との3往復もスキップしたいくらいです。(暑いのでしませんが)

『トマト』の花

陽の光を浴びてすくすく育っているかと思いきや、猛暑続きのため、昨夕『赤丸はつか』が枯れかけておりました。朝・昼と2回水やりが必要だと気づいた嫁。
「2回ということは、水道と6往復になるわけで、そろそろ大きめのジョーロを買った方がいいのでは…でないと、自分が干からびちゃう。(心の声)」
と本気で購入を考えております。(旦那の許可済み)

『赤丸はつか』

夏本番を迎え、楽しみが増えてまいりました。
それは夏野菜の収穫でございます。
コロナで人混みや遠出は行けませんが、違う楽しみがあると乗り越えれそうですね。

さて、明日から三連休。
娘の離乳食が始まります。
果たして娘は食べてくれるのでしょうか。
乞うご期待。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。