持ち家派?賃貸派?

こんにちは、お喜楽夫婦です。
旦那です。

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング

今日は、先日会社の同僚と飲みに行ったときに、ふと出た話題についてです。

私含めて3人で飲んでいたのですが、私以外の2人は「住宅ローン」を組み、「新築一戸建て」を購入しています。

ふと「お喜楽夫婦さんは家買わないんですか?」と質問されたため、私は「買わない」と返答しました。

「逆に、なんで家買ったの?」と聞いたところ、

■終の棲家が欲しかった

■子供がいると賃貸ではきつい

■住宅ローンを完済しても家は残る

■安らぎがある

といったご意見でした。

よくネット上や雑誌等でも繰り広げられる「家」にまつわる永遠のテーマ、「家は賃貸派?持ち家派?」という議論ですが、私は賃貸派です。

この場合2択なので「賃貸派」の立場を取りますが、より正確に言えば「借金してまで家を買いたいと思わない派」です。

そんな私が同僚に返した内容はというと

■終の棲家が欲しかった

→終の棲家というが、高齢になったら介護施設に入所する。実際うちの祖父母は全員介護施設で暮らしている。

■子供がいると賃貸ではきつい

→子供がいる間だけ、大きいアパートもしくは一軒家を借りればいい。子供が巣立ったあとも、残された大きい家の住宅ローンは払い続けるのだよ。

■住宅ローンを完済しても家は残るが賃貸では残らない

→介護施設にいるのに住まない家が残っても意味がない。ましてやそのまま死んだらその家はどうするのか?ところであなたたちの実家はどうするの?

■安らぎがある

→持ち家でなくとも、安らぎはある。

といった内容でした。

価値観は人それぞれですし、「欲しいのなら買えばいい」のですが、1年後のことも分からない、想像できない世の中で「35年間の借金」をするというリスクを理解した上で買うべきだと思っています。

35年ローンに縛られては人生の選択肢が削がれてしまうので、私は「借金してまで家を買いたいと思わない」のです。

会社の同僚たちにおいては、「ローンの返済がしんどい」と嘆いてはいましたが、「買って良かった」という気持ちの方が上回っているみたいで何よりでした。

35年の多額の住宅ローンを組んであとに後悔していたら目も当てられないですものね。

みなさんは持ち家派ですか?賃貸派ですか?

それではまた。

ランキングに参加しています。
ぜひポチッと押していただけると嬉しいです。
☟☟

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村


お気楽日記ランキング

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。