編み物

みなさま、こんばんは。
お喜楽夫婦です。

本日は嫁の編み物編でございます。

嫁は祖母の影響で、小学生の頃よく編み物をしておりました。
かぎ針編み、棒針編みなどもこなす、ちょっと女の子らしかった時期もございます。
(いつから変わったのか…。)

高校生の頃は、ミサンガ作りにハマり、名前入りのミサンガとか作って楽しんでおりました。

大学生の頃は、ディズニーのキャラクターである『ダッフィー』が好きで、似たようなぬいぐるみを編んでみたこともございます。
全くと言っていいほど似ておりませんでした。

そして、社会人になり編み物をする時間がなくなり、していたことすら忘れかけていた今日この頃…。
産休に入ってのんびりしていた時、「編み物とかできないの?」と旦那に言われ、ふと編み物が出来ることを思い出した嫁。

何事も、やってみヨーカドー。

思い立ったが吉日でございます。
産休の時間を有意義に過ごさねばと、早速かぎ針と糸を購入。

そして、最近はとても便利なことに、Google先生に「赤ちゃん 編み物」と入力するとYouTube動画がでてきます。
かわいい作品がたくさん。
嫁はその中から、靴下とラトル作りをすることにしました。
参考にさせていただいた動画を掲載させていただきます。

昔の記憶を辿り、動画を参考に作ってみました。
まずは靴下を。
女の子出産予定だったため、ピンクの靴下にしようと編み込んで出来上がったものは…新生児でも履けないような小さな靴下でございました。

やり直し。

次は動画の編み方と自分なりに赤ちゃんが履ける大きさに出来上がるよう試行錯誤し、片方完成!
ところが間抜けな嫁でございます。
どれぐらい追加で編み込んだか覚えておらず。
頼りは片方の靴下でございます。
もう片方編んでる最中に、先程出来上がった靴下に合わせて、どうにかして似たような大きさの靴下が完成いたしました。

そして、出来上がった作品がこちら。

ラトルはウサギの顔のバランスが難しかったです。
目の高さ、鼻の位置。
ちょっとアンバランスさはご愛嬌ということで…。

いかがでしょうか。
娘のために作った作品ですが、1度も使っておりません。
完成から現在まで、部屋に飾ってあるだけです。

なぜ作ったのでしょうか…。
じわりじわりと笑いが込み上げてきます。

いつか娘が大きくなったら見せてあげようかなと思います。
それまでは家のインテリアの一部でございます。

今は育児でできておりませんが、また落ち着いたらゆっくり編み物に挑戦してみたいです。
リベンジ。
その時はまたご報告させていただきます。

乞うご期待。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。