転職 上場企業編

みなさま、こんばんは。
お喜楽夫婦です。

PVアクセスランキング にほんブログ村

本日は転職シリーズの最終回
旦那とも出会えた上場企業編でございます。

1年半の苦行から脱出した嫁。
入社のきっかけは知人の紹介による途中入社でございました。
契約社員として、広報を担当。
上場企業ともあり、セキュリティ対策は万全のため、作業やチェックは入念でございました。
自己紹介でも記載した通り、大雑把な私は、最初戸惑いを隠せませんでした。

広報とは本部でのお仕事のため、周りの社員さんは頭のいい方々ばかり。
そして、頭がいいだけでなく、お人柄もいい
中途採用の私に優しく丁寧に仕事を教えてくださいました。

ただ、入社から半年は同じ部署の方から厳しく当たられ、泣いた日も。
その方は、ほかの人には優しいのですが、なぜか私にだけきつく当たる方でした。
なぜ私にだけ厳しく当たるのか、なぞは半年後に解明いたしました。

それは入社からちょうど半年後。
その方の異動が決まったのです。
私がご挨拶に行くと、その方は

「今まできつく当たってごめんね。誰も教育係がいないから、私が教育しないといけないと思って。でも、中途半端になって、ただあなたがつらいだけになったね。」

と言ってくださったのです。
確かにその半年は私にとって試練の時でしたが、あの半年があったからこそ、細かいことに気付けるようになったのと、何より早く行動ができるようになりました。
今では、感謝の気持ちでいっぱいです。

そして仕事にも慣れてきた3年目にして、大きなプロジェクトを任されたのです。
それは、同じ部署ではやったことがない、つまりは一からのお仕事でございました。
最初はわからないことだらけで、作業が進まず。
そのせいで私個人の評価も下がり、ボーナスも下がりました。

ここで負けず嫌いを発揮。
他の部署が二、三人で行っていることを一人でこなしました。
人生初の残業も何度か。
(本来なら契約社員は残業を極力行ってはいけません。)
その成果もあり、無事、校了いたしました。
その時いただいたお言葉が

「この量を一人でこなすの大変だったでしょう。」

本当に大変でございました。
しかし、このお仕事のおかげでパワーアップした気がします。
達成感は半端なかったです。

こうして会社員としてレベルアップしていく中で、運命の出会いが。
旦那との出会いでございます。

これがお喜楽夫婦の誕生です。
現在は育休中。
育休明けに復帰するか、その場合保活はどうするか、家族会議中でございます。

ここまで、転職を重ねてまいりましたが、一番働いやすいのは現在の上場企業でございます。
どのお仕事も、人間関係に悩んだり、やりたくない仕事を引き受けたりすると思います。
お金を稼ぐ以上、何かしら悩みが出てきますよね。
仕事が楽しいと思える方は天職なのかもしれません。

転職すると履歴書が汚れると言われることもありますが、私は色んな世界が見れましたし、色んなことを学ぶことができました。
ただ、20代は少し社会をなめていたなと反省。
現在は社会の厳しさや、お金を稼ぐことの大切さ、何よりお金の大切さを実感して生活しております。

今年はコロナでさらに就活が難しかったり、お仕事を続けるのも困難だったり、大変だと思います。
私たちも、みなさまも安定した生活ができるように、早く収束してほしいです。
収束がいつになるか、ゴールが見えない現状ですが、みなさまにとって幸多き人生が訪れますように。

以上、転職の最終回でした。

ぜひポチッと押していただけると嬉しいです。
☟☟

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。